【溶接用】CDスタッド・ウエルドナット

CDスタッド、ウエルドナットの製造・販売ならボーセイキャプティブへお任せください

 CDスタッドは溶接ガンを用いボルトやナットを板金に溶接します。溶接ガンのスイッチを引くだけで容易にねじ立てができます。
また、ウエルドナットは冷間圧造品の丸型溶接ナットです。パイロット付きのため面倒な位置合わせは不要であり、スパッタが内部に飛び散らないため、従来のようなリタップ作業も不要となります。

CDスタッド CD-STUD

CD方式スタッド溶接(Capacitor Dis-charge Stud Welding)とは

CD方式スタッド溶接とは ねじスタッド・ピンなどを金属板に「パチッ」と瞬間溶接!

CD方式スタッド溶接の溶接システムは、アーク溶接と抵抗溶接の要素を複合したもので、各種材質の金属スタッドを薄板(シートメタル)や表面処理母材に瞬間的に溶接することができます。


特長
特長1瞬間放電・瞬間溶接
2/1,000秒〜5/1,000秒…。
スタッドの先端と母材面を瞬間的に溶融圧接します。
特長2熱影響が微小
母材への溶接熱の影響が極めて微小なので、薄い母材および、塗装やめっきで仕上げた母材の裏面にも溶接が可能です。
特長3各種金属を溶接可能
軟鋼・ステンレス鋼・アルミニウム・チタン・黄銅・銅などのスタッドを同種または異種金属の母材に接することが可能です。
特長4簡単な溶接作業
所定のセッティングをして溶接ガンのトリガーを引くだけで均一な溶接が完了。溶接の資格や経験は必要ありませんので、誰でも作業ができます。
溶接方式 コンタクト方式、ギャップ方式

スタッドの材質により、CD方式スタッド溶接は主に「コンタクト方式」と「ギャップ方式」に大別され、それぞれに適した溶接ガンを使用します。

スタッドの種類

スタッドの種類

CD方式で溶接するスタッドは、アークを発生させること特有のチップ(小突起)を形成してあり、フラックス等の溶剤を全く使わずに溶接することができます。


スタッドの基本形状
スタッドの基本形状

ウエルドナット WELD NUTS

ウエルドナット
製品の特長
  • 丸型のため方向性を気にせず取付けが可能
  • パイロット付きのため面倒な位置合わせが不要
  • スパッタがナット内部に飛び散らないためリタップ不要

取付方法
取付方法
ページの先頭へ
ボーセイキャプティブへのお問い合わせ
TEL:03-5489-3831
FAX:03-5489-3830
「ねじ」に関するご相談ならボーセイキャプティブへ